小動物のペット火葬について

by author



家族である大切なペットを亡くした悲しみはどのような動物を飼っていたとて同じことです。

そのため、きちんとペット火葬を行ってあげたいという人が年々増加傾向にあり、特に小動物のペット火葬を探している人が多いです。


小動物というのはインコやハムスター、子猫や子犬、オウムなどが対象になります。
小動物は体が小さいので、ペット火葬を行った際に遺骨がしっかりと残っているのかどうかという部分を不安に感じている人が少なからずいます。

せっかく最期の別れをした後に遺骨を拾えないというのは非常に悲しいことなので、気になるというのは当然のことです。


行政でも火葬は行ってくれますが、自治体によっては動物専用炉を使用するところとゴミ処理場と同じ施設の公共火葬場に連れて行かれるため、抵抗感を持っている人がほとんどです。


そのため、きちんと供養してあげたいという人の中で訪問火葬が注目されています。訪問火葬というのは、専用の火葬炉を積んだ車で自宅に訪問してもらうことです。ペットのためだけに来てもらえるので、小さな体のペットだとしても遺骨が残るように丁寧に火葬してくれます。ただ、小動物なので人間のようにたくさん残るというようなイメージは抱かない方が良いです。

あくまで、体なりにきちんと遺骨が残っているというようなイメージでいると良いです。

このような訪問火葬はペットの体重によって金額が決まります。

体重が1kgまでが大体1万円で5kgまでが2万円です。

金額として高いか安いかというのは比べることができません。


行政に頼めば数千円で火葬してくれますが、きちんとした扱いをしてもらえるかどうかわかりませんし、火葬を行ってくれる専門業者によって扱うプランが様々なので一概に高い安いは言えないため、たくさんの会社で比較的してみると良いです。最近ではペット保険やペット霊園でも比較的リーズナブルなプランを提供してくれていますし、ペット葬儀専門業者も年々増えています。

そのため、飼い主としてはたくさんの選択肢の中方選ぶことが可能になっています。また、基本的に訪問費というものはかかりませんが、あまりにも遠い地域に来て欲しいという依頼の場合は、5、000円ほど追加料金がかかる可能性があるので、どうしても難しい場合を除いて近場の業者を選ぶようにしてください。
火葬を行ってもらう際の服装などは基本的に通常の服でも良いですがあまりにも派手な服装というのは心情的にも良くないため、地味な色合いにまとめると良いです。


特に火葬を行った後に霊園で供養を行ってもらうような場合、お坊さんを呼んでお経を唱えてくれることがほとんどなのでそのような場合に備えて地味な色合いのワンピースなどにすると良いです。
ペットというのは近年では家族の一員としてとらえている人がほとんどなので、その大切な家族の最期を見送るという意味をきちんととらえた行動や服装にすることが望ましいといえます。

http://news.goo.ne.jp/article/suumoj/life/suumoj-101659.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412737569
http://girlschannel.net/topics/680293/

武庫之荘の葬儀のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

葬式の費用技術のご紹介です。



桑名の家族葬に関して最新情報を教えます。

葬儀の費用の情報が満載です。